記事作成会社が教える「稼げるWEBライター」になる方法

top-1
ここ数年ネット上ではWEBライティングに関する情報が、数多く見受けられるようになりました。仕事の探し方から具体的なライティング方法まで,実にさまざまなサイトで情報を得ることができます。ネットの便利なところは、どんな情報もすぐに検索できるところにあります。

その反面、だれにでも情報発信できるWEB上の情報の信頼度はそれほど高くありません。これからライターを目指す方にとっては、正しい情報だけを探し出すことは困難な現実もあります。そこでこのサイトでは「専門的に記事を作成し、ライターを育成する」会社の視点で、あなたが何から始めるべきかを分かりやすく伝えていきましょう。

誰にでも始められる仕事であるメリットと注意点

ライター募集をしている求人広告などで必ず書かれているのが「だれにでもできます」「初心者大歓迎」、このようなキャッチコピーでしょう。では実際ライティングという仕事は本当にだれにでもできるものなのでしょうか?

答えは間違いなく「YES」です。

ここで絶対に流されてはいけないのは、「だれにでも簡単に稼げる」というイメージで仕事を始めてしまうことです。最終的にフリーランスとして生活できるだけの収入を得ることは可能ですが、そこに至るまでには越えなくてはいけないハードルは確実に存在します。

ただ書くことが好きだから、簡単そうだから、そのような先入観念は一度リセットしてしまって下さい。だからと言っても決して難しい仕事ではないことも確かです。しっかりと自分の目的意識を持ったうえで済んでいけば、ほとんどの方が自分が望むレベルの収入を得ることはできるようになるでしょう。

top-2

ファーストステップの立ち回りと情報収集が肝心

副業として、あるいは専業のフリーランスを目指すにしても、最初に自分自身で確認しておくべきことがあります。第一歩を踏み出す前に、次の三点は必ず行っておきましょう。

  • しっかりとした事前の調査
  • 自分なりのゴール地点の設定
  • 継続して仕事をする、というモチベーション

具体的な方法に関しては本店で説明しますが、「ただ何となく」という動機で始めることだけはやめて下さい。ライティングという仕事は、「始めるのは簡単でも継続するのは難しい」のが特徴です。仕事に限らず目標設定ができているといないでは、結果が大きく異なってきます。

自分の方向性を決めてより効率的に収入を得る

実際にライティング業界に関わって、記事作成代行を行う記事作成代行事業|SEECなどでライターの研修や講習を行っているとよく聞かれるのが、「WEBライターに向き不向きはあるのでしょうか?」という質問です。この仕事の大きなメリットの一つは性別や年齢に関係なく、だれにでも平等にチャンスが与えられるということです。

先ほどの質問に対する答えですが、自分のパフォーマンスを無駄なく発揮できる方向性さえ見つければ、実際はだれにでもできる仕事です。ここでいう方向性とは下記の三点に集約されます。

  1. しっかりと自分のレベルを知る
  2. 自分に適した案件を得られる会社で仕事をする
  3. 見た目の単価に惑わされずに収入プランを立てる

これから仕事を始める方は、具体的に何をしていかわからないでしょう。全くゼロからのスタートでも、が最初にこの部分をしっかりと設定しておくことが最終的にあなたの収入に直結するものになります。
この方向性の設定は思ったより簡単に行うことができます。

top-3

徹底的にベーシックルールを学ぶメリットは大きい

あなたがどのような会社で仕事をしていくかは関係なく、ライティングの基本ルールを学んでおくことはすべてに優先して売行うべきことです。WEBライティングには実は数多くの細かな決まり事が存在します。実際に記事を書きながらしか学べないことがほとんどですが、学ぶための環境選びは先に行うことができます。

このサイトではあなた自身の「自己診断」も含めて、安定して収入を得られるライターになるノウハウを学んでいきましょう。記事を発注する側の立場か見えるものは数多くあります。そんな視点で「迷わずに」あなたがたどり着けるゴール設定の方法をお伝えしたいと思います。

ページ上に戻る